So-net無料ブログ作成
検索選択

さて、大晦日 [日々]

さて、大晦日である。
午後になって長男が帰宅し、久しぶりに自宅に家族4人が揃った。

昼前から家内と双眼鏡を持って散歩に出かける。
家内は最近、野鳥観察に興味を持っていてDVDなども買っている。
近くの池までいぶらぶら歩き、道すがら見かけた鳥を双眼鏡で観察。
ムクドリ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ハクセキレイ、アオサギ、
カモ、など。鳥を眺めるのはなかなか愉快である。

夜、越乃寒梅の灑を開けて出し巻き卵をつまみに軽く一杯。
取り敢えず、今年は実父も義父も正月を自宅で迎えることができた
ので乾杯である。
その後、年越しそばを食す。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

慌ただしい年の瀬 [日々]

昨夜、仕事が終わって今朝の飛行機で帰阪。
この間から何度も大阪に来ているから変な感じである。
職場の納会は例によって会社のメンバーの大半が参加して店を借り切っての
大騒ぎになった。僕は全部のテーブルを回りながらできるだけ多くの社員と
話をするよう頑張ったが、あまりの騒がしさに普通の声では話ができず、
大声を出し続けた結果、声がガラガラになってしまった。

長男は明後日の帰阪だから、僕ひとりの帰阪。
自宅で不調のWiFiの復旧にプロバイダのサポートに電話したりして苦闘。
2時間を要してやっとこさ無事に繋がるようになった。
夕食は家内と近所の寿司屋で軽く。

明日は実家に行き異国の銀行に送る書類に父のサインをもらったり、
国際宅急便で書類を送ったりの雑務に明け暮れる。
次男も明日は帰ってくれるだろう。
毎年のことだが、年の瀬は慌ただしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インドア派に変貌 [日々]

この三連休、毎晩10時間以上爆睡している。
先週の睡眠不足+溜まり溜まった疲労によるもので、やっと少しだけ
疲れが取れつつある、といった感じ。
家内と2回買い物に行き、夕食に2回出かけただけでずっと部屋うちで
過ごす。家内は社宅の掃除、洗濯、食事作りに大忙しだが、僕の方は
ダラダラとテレビを見たり、本を読んだりしているだけである。

以前は僕は休日は出かけたがる人間だったのだが、ここ数年はすっかり
インドアで、出かけるのが億劫なひとになってしまった。これも仕事+
出張の疲労によるものと思う。
明日夜は今年最後の大阪出張。火曜日夜に帰京して水曜に東京で納会、
翌木曜朝に再び帰省のための帰阪である。
年末最後の最後まで右往左往、まったく何をしているんだか。。

本家を更新。
グローバル自由主義の終焉

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三連休にたどり着く [日々]

クリスマス三連休にたどり着いた。
気温が高くまるで初秋に逆戻りしたようである。
家内が先週日曜日から上京しており今週は家族三人の週。
昨夜、今日とクリスマスケーキをもう食べている。

仕事(子会社のこと)でいろいろとあって先週から眠れない夜が
続き(悩んだ所で仕方ないのだが)睡眠不足だったのだが、昨夜は
久しぶりに熟睡できた。加えて父はまた入院するし、異国の銀行との
やりとりはこんがらがるし、いろいろ難しい週だった。
ともかく、明日、明後日も休みである。
休み明け、月、火と年内最後の大阪出張(それも非常に気が重い出張
である。子会社社長との対決だ)。
そのことは取り敢えず忘れよう。

読んでいる本:
フィリップ E テトロック「超予測力 不確実な時代の先を読む10ヵ条」
三隅 二不二「リーダーシップの科学」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世間の厳しさを実感する [日々]

昨夜から次男が来ている。
東京で受けたい研修があり、職場では出張扱いにならなかったが自腹
で受けに来た由。僕の社宅に泊まるのでホテル代は浮くし、朝夕の飯
は食べさせてやっているので食費も浮くわけだ。
長男も次男もボーナスが出たということで金額を聞きその金額の厳しさ
に慄然とする。僕の会社の一般職のアシスタントのほうがずっと貰って
いるのだ。世間の厳しさを実感する。

次男を朝送り出した後に長男とジムへ。
午後は年賀状書きで潰れる。
夕刻、次男と合流して洋食屋で夕飯。
帰宅してから栗最中。
明日は家内が上京するので久しぶりの4人家族である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サンドイッチ1ケの夕食 [日々]

月曜から気温が急激に下り真冬日に。
先週は飲み会が4回だったが、今週は明日、明後日の2回、来週・
再来週で2回と、12月は合計夜の飲み会が8回、昼の会食が7回
となる。この状況で今の体重をキープするには朝は別として会食でない
食事をサンドイッチ1ケにしてもまだ厳しい。
しかし、食事が冷たいコンビニ・サンドイッチ1ケというのは正直な
ところ、とても寂しいのである。せめて温かいものを食べたい、などと
思ってしまう。いい年をして、と思うけれど、やっぱり食事は楽しみ
なので「今日は帰宅してもサンドイッチ1ケで我慢か」と思うと電車
の中でもため息が出る。
この歳になって体重をキープするのは大変だ。

エマニュエル・トッドの「グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜
と日本の運命」を読んでいる。家族構造論と人口動態論にベースがある
トッドの言説は「帝国以後」で面白く読んだけれども、今回もいろいろ
な気づきがある。いずれ本家にその気づきについてはまとめたいと思う。

明日は大学時代の友人が東京に来るので飲み会。
明後日は役員会の忘年会である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

理想主義者の治世 [日々]

金曜夜遅くに九州から帰京。
土曜日は朝8時半まで爆睡。
ベーグルの朝食。その後、洗濯、クリーニング、掃除等の家事。
ビデオを見たり、今週読めなかった日経ビジネスを読んだり。
夕食はコンビニのおでんを長男と食す。

日曜日、バナナとヨーグルトの朝食。
散髪の後、ジムに行き、帰りに買い物。
昼はコンビニのサンドイッチ。
午後、気になっていた庭の薔薇を剪定した。
思い切って切って良い、とネットに書いてあったのだが、やはり
恐ろしくて中途半端に切ってしまった。
来年春、どうなるか、である。
夜はカレーの予定。

WIREDでオバマ米大統領とMITメディアラボ所長・伊藤穰一の対談を
読む。人工知能に関する対談なのだが、オバマ大統領という人は
本当に高い知性と見識、哲学、倫理を持った人であるなぁと感嘆する。
このひとは、人間の知性と善意、倫理性を信じ、理想を信じている高い
矜持の持ち主なのだ。このような高い識見を持った大統領を戴いていた
国が、こんどはトランプのような人物を大統領に戴こうとしている。
そういえばオバマがウォーレン・バフェットについて語っていたインタ
ビューがあったが(バラク・オバマ大統領 Kindleシングルインタビュー)
そこからの彼の発言の抜粋を下記しよう。
彼の基本的な姿勢がよくわかる。

以前と変わったのは 、金持ちほど派手に消費するべきだという
考え方だと思う。成功すればするほど広い家や豪華なジェット機
、大きなヨットにお金をかけたら、社会との距離はどんどん広
がってしまう。こんな特殊な発想は 、ほとんどのアメリカ人が
人生で最も大切なゴールと見なす事柄に反するんだ。
ウォーレン ・バフェットが著名な実業家のなかでも特に賞賛
されるのにはわけがある。ウォーレンは昔ながらの価値観を
体現しているからだ。
「なるほど、私は資本主義に明るい。金儲けも得意だ。でも
、 稼いだお金の多くは社会に還元したい。苦しんでいる人たち
より多少高めの税金を支払ってもかまわない。だってそうだろう。
私の成功は、この国の制度や文化やインフラによってもたらされた
のだからね」と考えている。
私も同じように考えて育った。ミシェルもそうだ。
親の世代の人たちもほとんどが同じように考えていたと思う。


オバマの8年間は理想主義者の治世だった、と後の世で呼ばれること
になり、世界中のインテリが彼の治世を懐かしむことになるだろう。


バラク・オバマが伊藤穰一に語った未来への希望と懸念すべきいくつかのこと




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熊本にて [日々]

水曜日から九州出張に来ている。
昨夜は大分の田舎町に泊まり、今日は移動して熊本泊。
九州に来たのは久しぶりだ。

今夜は会社のこちらの営業所の人たちと有名居酒屋へ。
今週はこれで4晩連続飲み会であるが、それぞれ楽しい
飲み会であったのでさほど疲れは感じない。
今夜の飲み会も美味しい馬刺しや新鮮な海産物を食べて
最高に盛り上がった飲み会だった。こちらの営業所に
来たのは入社以来初めてで、会ったひとたちもほとんど
初対面なのに、何故か古くからの知己のような気がする。
九州という土地ならでは、なのだろうか?

明日は終日こちらのオフィスで会議を行い、夕刻の飛行機
で帰京。帰ったらどっと疲れが出るのかもしれないな。
移動距離はそこそこだったので。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メガネを作る [日々]

木曜夜、休みを取って木曜夜から大阪の自宅へ帰省した。
予定では年末まで帰阪の機会がなさそうだったため、である。

金曜日、家内とデパートに行き、メガネを誂えた。
毎日、夕刻になるとひどく目が疲れており、明らかに乱視の度が
相当進んでいることを自覚してのことである。丁寧に検眼して
もらい(乱視が相当に進んでいる由)レンズとフレームを選んで
購入。メガネとは思えないほどの大枚をはたいたけれども、今回
のメガネはこれからは常時かけるようにする、という覚悟の上の
ものなので、一生ものとして清水の舞台から飛び降りる覚悟である。
完全なオーダーメイドなので出来上がるのは2週間ほど先になる。
とうとう自分が「メガネ男子」になるのか、と思うとなんとも微妙だが
背に腹は変えられない。
午後、実家に父を見舞う。今のところは安定しているようで安心。

快晴の土曜日、家内と大阪市立美術館へ。
家内の好きな日本画の作品が出ていたからであるが、展示されて
いた名品たち(螺鈿細工、漆細工や透かし彫りの作品)にも目を
奪われた。良い工芸品はやっぱり見ていて身を捩りたくなるほど
美しい。機能的にはただの箱であったり、櫛であったりするのだ
が、目を奪われるほど美しいのだ。
骨董に心奪われる人がいるのは十分わかる気がする。
家内と「せめて東京から帰ったらマグカップを使うのはやめて
これまで集めた食器類を出して使うようにしよう」と話し合う。
その後、隣の日本庭園「慶沢園」へ。
まだ楓の紅葉が残っていて見事。
kouyou.jpg
ハワイ・レストランでランチして帰宅。
明日は帰京する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感