So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプからのメール [日々]

すっかり晩秋の寒さになった日曜日。
久しぶりに朝9時過ぎまで爆睡。
長男とフランスパンと紅茶の朝食を取り、先週に続きジムへ行き運動。
その後、買い物して帰宅。
昼食、掃除。

アメリカ大統領選挙まであと僅かになってきたが、ドナルド・トランプの
息子からメールが入っていた。これから投票日まで父は1,000万ドル(10億円)
をつぎ込むことにしている。ついては寄付金をお願いしたい。クリントンが
大統領になるのをみんなで阻止しよう、という文面である。
以前からトランプ陣営からは僕のメールアドレスに時々、支援をお願いしたい
というメールが入っていたが、どういうルートで僕のメアドが流出したのか。
何にせよ、日本国民である僕には投票権はないのだが。。
ともかくトランプがアメリカ大統領になるなんて、悪夢は避けて欲しいものだが、
まかり間違ったら実現しかねない、とも思う。

夕刻、ハワイ・香港に向けての荷造り。
出発は木曜日だが、その前に大阪日帰り出張もあり今のうちに準備を、という
ことである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

孤独を楽しむ [日々]

冷え込んだ土曜日。
疲れていたので朝寝したかったのだが、何故か6時20分に目が覚めた。
8時過ぎまで寝床でグズグズ過ごしたが二度寝できず、やむなく起き出して
ベーグル、紅茶の朝食。
頭がぼんやりしていて生ゴミ出しを忘れる。
クリーニングをまとめて持ってゆき、それから買い物。
午後はPCやiPadでダラダラ過ごし、夕刻、木曜からの海外の荷物ピックアップ。

昔の上司がガンで大きな摘出手術をしたということで、今週、病院にお見舞い
に伺った。風邪もめったにひかない健康そのものの人だったので、本人も
「いま摘出手術をしないと命の保証はない」と言われた時は相当ショックだった
とのこと。僕も(僅かではあるけれども)それは想像はできる。
「がん保険、入っとけよ。ほんとに金がかかるから」との助言あり。
高いステージまで進んでいたようで、今後、転移の可能性も相当高いガンである
から本人もそれなりの覚悟はしているような口ぶりだった。
息子さんと遺産の話もしなければ、とも。
僕も、もう他人事とは思えない。

最近の自分の体のことや、父の危篤騒動などもあり、最近、老いや死について
考えることがとても増えた。
本もずいぶん沢山読んでいる。
最近読んだ本では五木寛之の「玄冬の門」が興味深かった。
五木は、年老いた人間が若い人たちのコミュニティに積極的に入ってゆくこと
を肯定的に捉えていない。「若い人たちは気遣いをして、仲間に入れてはくれる
だろうが、そうやって気遣いさせること、彼らの雰囲気を壊すことは如何なもの
か?それは鈍感、と言ってもいいのでは?」というニュアンスのことが書いて
あって、僕は「はっ」とした。
会社では、若い人たちが遊びに行くときや宴会の二次会などでは敢えて自分は
席を外したりして「若い人たちに年長者(あるいは上席者)としての気遣いを
すること」があたり前になっているのに、仕事を離れたとたんに「自分も若者
も同じだ」とばかりに「若い人たちへの気遣い」を失うのは、いかがなものか?と。
五木は「孤独をを楽しむことだ」と言う。
孤独になることが怖いからと言って、誰かに甘えるのはいけない、と僕も思う。
その意味でずっと読書と学問に親しみ続けるのがいいのかもしれない。

明日は体調を見てジムに行こう。

玄冬の門 (ベスト新書)

玄冬の門 (ベスト新書)

  • 作者: 五木 寛之
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2016/06/09
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

迷いのMBA講座 [日々]

午後、小雨の中、筑波の某社研究所まで出かける。
行きはハイウェイバス、帰りはつくばエクスプレスを使ったが、やはり
遠い所だなぁ、と思う。筑波学園都市は研究所だらけで、広々とした
敷地に緑も多く、僕もこういう所で研究に明け暮れる日々を送っていた
のかもしれない、などと妄想する。
そうしたらきっと、全然違う人生だったのではないか、などと。
サラリーマン生活がもうじき終わる年齢近くになっても、人はこういう
ことを妄想するものなのだ。

僕の卒業した大学には東京に卒業生のためのクラブがあって、そこから今日
案内が来た。理工系学部を卒業した卒業生のための「MBA講座」を催す、
ということでその来年度の案内である。
強く「受講したい」と思った。講座は月一回で1年間、6万円である。
最近の取引先の欧米の経営者は軒並み皆、MBAホルダーなのだ。
僕も独習してMBAの論法はかなりわかっているつもりではあるが、本当に
きちっと理解しているか、と言われると自信がない。
欧米の経営者たちは皆MBAスキームで話を進めるのだが「それ何?」みたい
なリアクションをしたり、彼らの論法と外れた話をすると異星人を見る目つき
で見られる(場合によっては相手にされなくなる)から、油断できないのだ。

それにも増して、僕はなんだか最近クサクサしているのだ。
このままでは僕はどんどん「馬鹿」になってゆくような気がしている。
この講座では、毎回予習・復習は必須だし課題本も読まないといけないし
レポートも提出しないといけないから、必死で勉強しないといけないだろう。
でも、先生や他の(いろいろな会社から来る)同窓生と経営について議論が
できるかもしれない。
最大の問題は、自分にそんな時間と余剰体力&余剰気力があるのかどうか、だ。
あと3年ほどで経営の仕事を離れるのに、もう今更勉強しなくても、という
囁き声も頭の中にはある。
そんなことをあれこれ思って、心が揺れている。
まあ、もう少し考えてみよう。。。

明日は子会社の役員会で、その後夕食会。
不愉快なことを子会社の社長に告げねばならないので、夕食会は荒れるだろう。
まったく、、、うんざりだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひとりの日曜日 [日々]

ひとりの日曜日、午前中は晴。
7時過ぎに起床。朝食を食べ日曜美術館を観る(今日はミケランジェロ)。
昼はスパゲティを茹でてレトルトソースでアラビアータを。
イタリア人に貰った塊のパルメザン・チーズを摺り下ろして掛けて食すと
かなり雰囲気が変わる。

庭の紫陽花の剪定をし、薔薇も剪定できるかやってみたが、花切狭で歯が
立つレベルではなく、生木用のノコギリを買いに駅前まで。
帰宅してからネットを見たりしてぼんやり過ごす。
あと仕事の本を読んだり、音楽を聴いたり。

夕刻、家内からLINEで大阪に戻る便は予定通りだが、長男の東京便は
数時間遅れになりそうとのこと。機材故障のためらしいが長男の帰宅は
夜中になりそうだ。ヘトヘトに疲労しての帰宅になるだろう(気の毒)
やむなく一人でラタトゥイユとソーセージ、オムレツ、塩パンで夕食。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宇多田ヒカルにハマる [日々]

雨が降りそうで降らない土曜日。
家内と長男が朝の飛行機で家内の実家に向かった。
義父母が長男に会いたがっているということで彼は一泊二日で、家内は
東京から実家で2日過ごした後、大阪に戻る。
僕は(本当に珍しく)この二日間は東京で一人だ。

といっても何をするわけでもなく朝から(久しぶりに)ジムに行き運動。
再来週に迫ったハワイ経由香港行きのために足らない下着類を買って帰宅。
ひとりでうどんを茹で、冷やしきつねうどんを作って食す。
大根と生姜をすりおろし、鰹節をたっぷり掛けると美味しい。
洗い物をして、NHK-BSで毎週再放送している「エヴァンゲリオン」の先週
分を見たり、最近ハマってしまった宇多田ヒカルの曲を聴きながらネット
を見たり。
特に「桜流し」にはどっぷりハマってしまった。
「切ない」という感情がどういうものか久しぶりに思い出した感。

宇多田ヒカル「桜流し」


宇多田ヒカル「Beautiful World」


夕食は家内が作り置いてくれたおかずを食す。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空を飛んでみる [日々]

土曜日の午前便で家内と東京に帰還。
長男は2週間前から風邪が治らず熱が引かない由。
木曜夜は接待、金曜夜は会社のパーティと連続していてひどく体が疲れている。
昨夜は東京の社宅で失神したように眠りこけてしまった。
今朝は8時に起きて午前中買い物。

午後はふとした事でダウンロードしたフライト・シミュレータにハマって
遊んでいた。実際の飛行機の飛ばすのと同じような手順を踏まないと飛べない
英語版アプリで、どこにも説明がなく悩みながら、理屈を考えながらやってみる。
ナショナル・ジオグラフィックでやっている「メーデー!」でパイロットの仕事が忙しい
ことはわかっていたつもりだったが、自分がやってみると到底頭が回らない。
スロットルレバーで速度調整をしつつ、高度の上げ下げを機首上げ・機種下げで
行いつつ、空港の方角に合わせつつ、空港に向けて降下速度を守りつつ、車輪
を出して、、、等々となると本当に大変だ。
でも遊びとしてはなかなか楽しい。

夜、家内と長男と東京の行きつけの蕎麦屋で日本酒と蕎麦を楽しむ。
明日からまた重たい会議2発、その後、外人とパーティである。
多忙は続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父と中華料理屋へ [日々]

大阪で過ごす三連休最後の一日。
実家を訪れて父を見舞う。

父を見舞う、と言っても、もう胃瘻チューブもなくなり、すっかり
普通食を食べているわけで、今日は父母、妹夫婦と僕達夫婦で近所
の中華料理屋に行き、酢豚やら五目焼きそばやら餃子やらを食した。
去年のことを思えば夢のような回復である。
父の生命力には本当に頭が下がる、としか言いようがない。
もっとも頭のほうは随分と衰えている感じはするけれども、それでも
日常生活においては支障はない。
この状態がいつまで続くのかわからない、とは誰もが心の奥底で
思っていることではあるけれども、1日でも続いて欲しいと願う。

明日からは金曜まで上期の事業報告会の毎日。
息が詰まるような会議や接待、食事会が続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロングスリーパーの悩み [日々]

昨日午後に仕事で羽田空港から神戸空港へ。
夜は会食で遅くに帰宅。
今朝は8時過ぎに起床。家内と近くの喫茶店でモーニングで朝食。
ぐったりと疲れていて何をする気も起こらない。
せいぜいテレビを見るか、ネットを見るか程度。
昼食後、ベッドで横になってうたた寝を少々。
体力が完全に尽きているのを実感。

昨日、Kindleで買った「デッドライン仕事術」などで有名な吉越浩一郎氏
の本「気力より体力」を読んだ。
吉越氏も僕同様のロングスリーパー(毎日8時間寝ないと体調維持が
困難)なので、能力、気力のベースになる「体力」が一番重要でプロの
ビジネスマンなら体調管理が何より大切との主張であり、激しく共感。
まぁもっとも、ショートスリーパーの人にはあまり関係のない話かも
しれないが、僕は吉越氏以上で、ベストパフォーマンスのためには
夜10時には寝ないと駄目なので、帰宅してからの時間は本当にごく
わずかである。
平日はロングスリーパーには本当に辛い。
それだけ休むようにしていても、こうやって(せっかくの三連休でも)
外出する気力が全く起きないほど疲れ切る、というのは本当にギリギリ
で仕事をしている、ということか。

夜は家内と行きつけの蕎麦屋へ。
焼き味噌と獺祭五勺でほろ酔い気分になる。
〆は胡麻だれせいろ蕎麦。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

30分が惜しい [日々]

日本海側を台風が通り過ぎている。
二週間おきに台風がやってくる感じだ。
長男が体調を崩して昨日は会社を休んでいた。
病院では風邪との診断の由。
金曜から僕はまた一週間東京を離れるのでいささか気がかりである。

11月に急遽、香港出張に行くことになり、飛行機を手配したりバタバタ
している。それも会社行事でハワイに行った帰りに、成田空港で一泊
して翌朝便で香港に向かうことに。
実質、現地一日の特急出張である。
こうやって国内、国外問わず右往左往する会社人生が、ある日、急に
ストップするのだが、今はその実感がまだない。
一線を退いた先輩によれば「社内メールが一通も来ない」そうだ。
全力疾走をしていて急に止まるような感じだろうか。

まぁいい。
そのうち、その日がきたら、ここで実況中継しよう。
あと数年のうちである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛ぶように過ぎる日々 [日々]

気がつくと10月になっていた。
この前の日曜にドイツから帰国したが、それから1週間があっという
間に過ぎ去った。木曜日は昼に東京を出て大阪日帰りをしたし、昨日
は会社の連中とサッカー観戦に出かけていた。
月並みな言葉だが、日々が飛ぶように過ぎてゆく。
散髪せねば、と思い今日、大阪の行きつけの散髪屋に行ってきた。
絶対に眠る、と思ったのに残念ながら眠れず。

明日は大阪で下期の会社行事の後、会議と取引先訪問をこなして夕刻
に東京へ戻る。火曜から木曜は東京で仕事だが、金曜には神戸に飛んで
仕事をして次の一週間はまた大阪。
この一週間も飛ぶように過ぎることだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感